• TOP
  • >
  • ナレーターが売り込みの前にやっておきたい「じぶん棚卸し」
ボイスサンプル専門,ナレーター,ナレーション,ごりっぱスタジオ,

ナレーターが売り込みの前にやっておきたい

「じぶん棚卸し」

誰かに曖昧に伝えてしまう前に、じぶん自身と対話しておこう

 ■変化したい時のために。

売りこみをかける前や、ボイスサンプル作りの直前に、せっかくの思いつきやモヤモヤしたものをきちんと形にしていくために。
 
何かの役にたてるかもということで「じぶん棚卸しシート」なるものを作ってみました。ビジネス書によくあるものを簡単にした程度のものです^^;



じぶんを追い詰めることが目的ではありません。
そうではなくて「何か変化したい」。そんな時にもっと自分のことを「わかりやすく、ブレなく」伝えることができれば。
 
周囲の人間は、もっとあなたを助けやすくなるんじゃないかと思ったからです。

「書ける所だけ書いてみた」でも、十分ごりっぱ!

何もかも言葉で説明しないとだめということではありません。声で表現する者にとって「言葉にできないこと」も大切なものだと思います。
 
他人には言いたくないことにもぶつかるかもしれません。無理に話す必要はまったくありません。
 
正しい答えを探す作業でもありません。
「あの時どうすれば正しかったか」を決められるのは、数十年後のあなただけです。
 
合理性だけでは面白い表現は生まれないと思います。
「発想に困ったからちょっと理屈に戻ってみる」くらいの感覚で良いと思います。
 
ですから、それぞれのシートの整合性がとれてなくても時にはokだと思います。面白い表現につながるのであれば、ですが^^;
 
「表を埋めることが目的になっちゃう」のが一番良くありません。 
明るい未来をイメージしながら、とにかく楽しく「じぶんとだけ」話をしてください^^

■うまく書けないかたは■

シートが書けなくても悪いことではありません。単に「今はタイミングでなかった」というだけです。

おそらく「読みや思いをとにかく1度形にしてみる」ことが先決な時なんだと思います。

 
スタジオバーズなら、適切なアドバイスや、プロユースの環境でボイスサンプルが作れます。
 
収録を通して、できることできないこと、やってみたいこと、などを全身で感じられます。シートを書く最適な近道です

  あなたが、さらにごりっぱになる手助けになれれば幸いです。
それでは1週間の「じぶんジャーニー」の旅へお連れします^^

売り込み前にやっておきたい「じぶん棚卸し」
-記事一覧-

ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析,ビジョン,ナレーション,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析,ビジョン,ナレーション,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

月曜の章

前編ビジョン

後編さくせん

ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析, キャラクター,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析, キャラクター,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

火曜の章

前編ステータスとキャラ

後編SWOT分析

 
ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

木曜の章

 
ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

土曜の章

後編 行動計画