ボイスサンプル専門,ナレーター,ナレーション,ごりっぱスタジオ,

ナレーターが売り込みの前にやっておきたい

「じぶん棚卸し」

←前の記事「月曜の章_さくせん」にもどる


■火曜の章_前編「ステータスとキャラクター」


■価値を決めるのは買う側に任せちゃって進めましょう

強みは、いきなり商品レベルにしなければと難しく考えがちですが「なんでもいいからまず書いてみる」のが、結局早道だと思います。

例えば「新人だから安いです」は、誰でもすぐ思いつく上に、自ら価値を下げるものなわけですから、戦略的には『それだけだと通用しなさそうな案』の代表ではあります。
 
でも今はそれでokです。
他のシートを書いたりして、買い手の視点を感じてきたら、少しづつ「付加価値」が見つかるんじゃないかな?と思います
 


■「ナレーションに関係なさそうなもの」

 どんなことでも一旦書いてみましょう。それが良いものか面白いものかを決めるのはあなたではありません、買い手です^^;


『これまで出会った犬すべてに噛まれる人生でした』でも良いです。十分ごりっぱな価値だと思います(僕なら会ってみたいです) 
「書けることが何もない」という人もいます。もし考えぬいた先でそれでも本気でそう答えるのであれば‥‥『この手の質問に答えられない普通で地味な毎日でした』とか書いちゃいましょう。
 
「普通」は「主張しすぎない」「庶民派」「馴染み感」 とも言えますからね^^
 

売り込み前にやっておきたい「じぶん棚卸し」
-記事一覧-

ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析,ビジョン,ナレーション,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析,ビジョン,ナレーション,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

月曜の章

前編ビジョン

後編さくせん

ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析, キャラクター,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析, キャラクター,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

火曜の章

前編ステータスとキャラ

後編SWOT分析

 
ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

木曜の章

 
ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

土曜の章

後編 行動計画