ボイスサンプル専門,ナレーター,ナレーション,ごりっぱスタジオ,

ナレーターが売り込みの前にやっておきたい

「じぶん棚卸し」

←前の記事「前編:競合と自分のポジション」に戻る


■水曜の章_後編「見込み客洗い出し」


■ナレーション営業の見込み客

TVスタッフへのアピールを考えたとき、つい「バラエティの人」「報道の人」といった大雑把なイメージを膨らませてしまいますが……

見込み客を想定するときは、十把一絡げにイメージしないで、「どこのだれ」「◉◉の番組」など、モデルを限定した方が、結局は近道になるのかな?と感じています。
  
新人ナレーターの中には「見込み客と思える知り合いがまだいない」という人もいるかもしれません。 
もし事務所にいる方であれば、スタッフより先にマネージャーに届けることを考えるのが良いと思います。
 
その上でスタッフ向けのアピールをしてみたいときは、好きな番組を作っている人たちなど、とにかく実在の人を勝手にイメージしてしまって良いと思います。


アピール未経験の新人でも「あのスタッフに届けるには」と具体的に考えてみるだけで、雑誌やネット記事などが目に入ってくるようになったり、意識が変わってくると思います。
 
また、ターゲット以外の人があなたのサンプルを聞いたとしても「◉◉さん向けだよね、でもそれならこうしてみた方がわかってもらえそうじゃない?」とアドバイスしやすくなるんじゃないかなと思います。
 
 

売り込み前にやっておきたい「じぶん棚卸し」
-記事一覧-

ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析,ビジョン,ナレーション,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析,ビジョン,ナレーション,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

月曜の章

前編ビジョン

後編さくせん

ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析, キャラクター,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析, キャラクター,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

火曜の章

前編ステータスとキャラ

後編SWOT分析

 
ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

木曜の章

 
ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

土曜の章

後編 行動計画