ボイスサンプル専門,ナレーター,ナレーション,ごりっぱスタジオ,

ナレーターが売り込みの前にやっておきたい

「じぶん棚卸し」

←前の記事「はじめに」にもどる


■月曜の章_前編「ビジョン」


■目標があるから発想が生まれます

「何もかもうまくいったとして」という前提で、一番遠い未来の欄を埋めてみてください。10年が難しければ5年でok。

「ゴールデン番組を3本抱え有名になっている」などです。夢のスケールはどこまでも大きくて構いません。
 
必ずしもナレーションに関わらない目標でも良いと思います。「5年後、猫が飼えるマンションに引っ越してる」とか。


くー、明るい未来をイメージするのは楽しいですね〜^^
 
注意点は「ある程度までは具体的に」イメージすることです。たとえば「日本一のナレーター」だけでは目標になりません。
もう一歩踏み込んで「ナレーター界で1番多い地上波レギュラー本数」にすれば、それは立派な「目標」になります。
 


■帰納法で必要条件を洗い出す

未来から現在に近くになるにつれ
「10年後こうなるには5年後には◉◉してなきゃダメだな」
「5年後に〇〇するには、甘く見積もっても1年以内に▲▲をしてなきゃなあ」など、大まかな進路が見えてきたのではないでしょうか。
 
あなたには、実行できそうな選択肢がまだたくさん眠っているということにも、気づいてもらえればと思います。

 

売り込み前にやっておきたい「じぶん棚卸し」
-記事一覧-

ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析,ビジョン,ナレーション,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析,ビジョン,ナレーション,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

月曜の章

前編ビジョン

後編さくせん

ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析, キャラクター,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,自己分析, キャラクター,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

火曜の章

前編ステータスとキャラ

後編SWOT分析

 
ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

木曜の章

 
ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,ナレーターが売り込みアピールの前にやっておきたい,ストーリーとプロット,ごりっぱスタジオ,ボイスサンプル,

土曜の章

後編 行動計画